さがみアカデミー
生涯学習相模アカデミー


「北海道・北東北の縄文遺跡群」が 7月 27日に 世界文化遺産に 登録 され たばかりであることはご存知だと思います。この講座は今もっともホットなこの話題を取り上げます。現 在の私たちの生活様式や考え方などの日本文化と呼べるものは、実は縄文文化を基盤としていると言われています。私たちが想像するより高度な文化が縄文時代には花開いていたのです。講師は遡ること今から四半世紀前にその点に着目し、「映像人類学」という手法で研究を行ってきました。切り口は、〈海を渡った縄文人〉です。モンゴロイドが南米大陸まで渡ったルートとしてはベーリング海峡説が有力ですが、講師は、高度な文明を持った縄文人が日本列島から海を渡り、ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアという 3つのネシアの島々を辿りながら南米大陸 にたどり着いたという壮大な説を現地フィールドワークによって検証しました。その際の映像は番組化されました (旅人:仲代達矢氏、語り:役所広司氏 )が、放送素材のため通常では観ることはできません。この貴重な映像を紐解きながら、〈縄文人の智慧〉と〈現在の日本文化との共通性〉をお伝えしてゆきたいと思います。


講 師 田淵 俊彦
曜日 時間 金曜日 10:40 ~ 12:10
定 員 30 名
会 場 オンライン講座
受講料 9,000円
締 切 2021/9/16 17:00
持ち物 無し